熱センサー
ヴィアメトリックスの入場者数チェック方法 2

熱センサーは、対象者の体温を感知することで、通過者をカウントします。マルチビームセンサーカーテンと異なり、対象者の進行方向を感知することが出来るため、対象者を入場・退場に分けたカウントが可能です。

カウントしたデータを送信する通信ユニットは、熱センサーからケーブルを介して天井裏等に設置でき、センサーのみが露出する状態となり、店舗の景観を損なうことなく設置が可能です。
また、設置に際して必要なケーブルはAC電源のみとなり、施設内に余分なケーブルを敷設する必要がありません。

熱センサーの作動について(対象者が1名の場合)

熱センサーの作動について(対象者が2名の場合)

熱センサーの作動について(対象者が区域内で移動する場合)